月別アーカイブ: 2014年3月

古戦場の町 『関ヶ原』No.4

 東軍・徳川家康最初陣跡(桃配山)

   IMG_1643  IMG_1632

誰もが知る東軍総大将・徳川家康が、関ヶ原の合戦時3万人の兵を率いて最初に陣を構えた場所が、ここ桃配山(ももくばりやま)です。東西を国道21号建設時に削られた『桃配山』は小高い丘上の小さな山です。
672年壬申の乱で、大海人皇子が、兵士の士気を上げようと桃を購入して配り、戦いに勝利したことから、『桃配山』と呼ばれ、家康も縁起を担ぎ最初の陣を置いたとされています 。


         IMG_1633           IMG_1636  

陣跡には、合戦時、家康が使用したと伝えられる腰掛岩と机石が今も残っています。
山頂からは、敵陣・三成が陣を構えた場所である笹尾山を確認することができません。戦局の不利な
この場所でしきりと戦略会議が行われていたのでしょうか・・・その緊迫感が伝わってきそうです。
当時の家康と同じ目線に立ち、歴史を感じることのできる史跡として、歴史好きはもちろん、日本人として一度は訪れておきたい場所です。