筍ごはん

旬の時季にだしを利かせて、筍と油揚げで炊き上げるのが美味しい筍ごはんです。

筍ごはん

    材料(ごはん3合の場合)

  • ◎ 茹で筍 小2本程度(500g程度)
  • ◎ 油揚げ 2枚
  • ◎ 白だし醤油 54cc
  • ◎ 日本酒 大さじ2杯
  • ◎ みりん 大さじ2杯
  • ◎ だし汁(昆布+かつお) 適量
つくり方1

1

筍は、縦に切り目を入れて一気に皮を剥ぎ取ったのち、鍋に湯を張り、米ぬかと鷹のつめを入れて2時間ほど、やわらかくなるまで炊く。

※筍の茹で方は、ココをクリックしてください。

つくり方2

2

筍を適当な大きさに刻む。油揚げは油抜きをし、1.5㎝巾に切ってから極細切りにする。

つくり方3

3

米は、炊く30分前に充分に吸水させた後、ザルに上げる。炊飯器に米を入れ、3合の水位までだし汁を入れ、スイッチを入れる。

つくり方4

4

米が炊き上がるまでに具を炒める。
フライパンにサラダ油を少量敷き、筍を炒める。油が全体に回ったら、日本酒大さじ2杯、みりん大さじ2杯(砂糖の場合は小さじ半分)を入れ、だし汁を少量入れ、さらに②の油揚げを加える。

つくり方5

5

④に白だし醤油54ccを加え、味が全体に染みるよう、水気がなくなるくらいまで煮る。

※白だし醤油の分量は、米3合の場合 3×9×2=54㏄
米4合の場合 4×9×2=72㏄
米5合の場合 5×9×2=90㏄
の要領で量を調整する。
また、ごはんに醤油の色を付けたい場合は、白だし醤油の量を減らし、その分を普通の醤油に替える。

つくり方6

6

炊飯時間が残り15~20分ぐらいになったら、⑤の材料を平らになるように素早く乗せ、すぐに蓋をして、スイッチが切れるまで炊く。

つくり方7

7

炊きあがったら、全体を混ぜれば出来上がりです。

※この時、半切りにご飯を移して混ぜると艶良く、おいしくなります。最後に木の芽を添えます。

こちらのレシピもおすすめ!

醸源誕生物語
おいしい料理レシピ