ホームおいしい料理レシピ一覧春の料理 > 山蕗(ふき)の佃煮

山蕗(ふき)の佃煮

春の味覚です。冷蔵庫に入れておけば日持ちがするので、お酒のつまみやおにぎりの具としても利用できます。

山蕗(ふき)の佃煮

    材料(山蕗2㎏/10束分)

  • ◎ 醤油 350cc
  • ◎ 日本酒 100cc
  • ◎ 山椒の実 50cc
つくり方1

1

輪ゴムでゆるく束にして、しっかりと水洗する。

つくり方2

2

輪ゴムをはずし、3cmぐらいに切り揃える。

つくり方3

3

大きめの鍋にたっぷりの湯を沸かし、②の切った山蕗を15分ほど茹でる。

※少し食べてみて、すじが残り硬いようならば、炭酸を菜箸の先につく程度入れ、もう少し茹でてみてください。

つくり方4

4

ザルに上げ、水気を切る。

つくり方5

5

鍋に山蕗を戻し、醤油200cc・日本酒100cc・山椒の実50gを入れ、中火にかける。

※お好みで、干しいたけや昆布を入れてもよい。

つくり方6

6

山蕗から水気が出てきたら、鍋をしゃくって、上下を入れ替える アルミホイルで落し蓋をし、蓋をして弱火でゆっくり煮る。
1時間ほど煮たら、醤油100ccを加え、水気がなくなるまで煮あげる。

※保存性はないが、この程度でも充分おいしく食べられます。

つくり方7

7

最後に味をみて、醤油50ccほどを加え、こげないように煮上げる。

つくり方8

8

充分に冷めてから、ガラス瓶に入れて冷蔵庫に保存するか、フリーザーパックに150gほど入れて、平らにし、冷凍保存すれば1年ほどは、食べられます。

こちらのレシピもおすすめ!

醸源誕生物語
おいしい料理レシピ