ホームおいしい料理レシピ一覧春の料理 > タラの芽の天ぷら

タラの芽の天ぷら

春の訪れを感じさせるタラの芽の天ぷらです。カラッと美味しく揚がり、旬ならではの味です 筍も一緒に揚げてみました。

タラの芽の天ぷら

    材料(適宜)

  • ◎ タラの芽 適量
  • ◎ 小麦粉 200g
  • ◎ 天ぷら用醸源 大さじ2杯(10g)
  • ◎ 塩 小さじ1杯弱
  • ◎ 揚げ油 適量

●油の温度は、菜箸を入れると箸先から泡がでる程度にしましょう。

●衣の濃さは、衣を油に落として途中まで沈み、すぐに浮き上がる程度を目安にしてください。

●一定の温度を保つよう少しずつタネを入れましょう。表面積の1/3~1/2程度の量がよい

つくり方1

1

袴の部分を取り除く。

つくり方2

2

天ぷら用醸源をご利用ください。

つくり方3

3

小麦粉1カップ(200g)に対し、天ぷら用醸源を大さじ2杯(約10g)の割合でよくかき混ぜる。

※野菜の場合、塩小さじ1杯弱を入れるとそのまま衣に薄味がついて、おいしいです。

つくり方4

4

冷水3/4カップ(150cc)を入れ、3~4回菜箸でサッと溶く。

※粉は、ダマになってもよい ボウルの中心に池を作る様に全体を均一に混ぜるのでなく、粉っぽさが残るくらいでよい。

つくり方5

5

初めに醸源を混ぜた小麦粉をタネに軽く付けてから、衣を付けると油ハネしにくくなる。

つくり方6

6

上手に揚げるこつ

○粉は、薄力粉を使用するとよい
○粉を溶くときは、冷水を使用し、粉を入れたらあまりかき混ぜないこと
○粉は、揚げ始める直前に溶くこと
○サラダ油とゴマ油をお好みで適当にまぜるとよい
○鍋は、深く厚手のものを用いるとよい
○油は、一度に必要以上に入れず、揚げるときに少しずつ足すとつかれにくい
○油の温度は、180℃程度で使用するとよい

こちらのレシピもおすすめ!

醸源誕生物語
おいしい料理レシピ