鮎の甘露煮

柔らかく、骨まで食べられる甘露煮です。

鮎の甘露煮

    材料(鮎5尾の場合)

  • ◎ 日本酒 200cc
  • ◎ みりん 100cc
  • ◎ 砂糖 120g
  • ◎ 醤油 80cc
  • ◎ 山椒の実 適量
  • ◎ 落花生または大豆 適量
つくり方1

1

鮎は、全体をよく洗い、水気を取り、素焼きする。
バットに並べ、冷めるまで半日ほどそのまま置いておく。

※鮎が養殖の場合は、はらわたを取り出してからよく洗うこと また、はらわたを取り出す際、骨付近に付いている血合いまでしっかりと取ると臭みがなく、おいしく出来上がります。

つくり方2

2

竹皮の中央部分を煮汁がわたり易いよう縦に裂き、圧力鍋の底に敷く。

※写真の竹皮は、さば寿司を購入した時によく洗って干しておいたものです。

つくり方3

3

落花生を水にしばらく漬け、薄皮を取っておく。

※大豆の代わりに落花生を使ってみました。

つくり方4

4

圧力鍋の底に竹皮を敷いてから鮎を並べ、その隙間に落花生を置く。

つくり方5

5

酒カップ1杯入れ、水をひたひたになるぐらいまで注ぎ、蓋をして、圧力鍋にてレベル2になってから30分ほど煮る。

※この時に骨までやわらかくする。胸びれを箸で触ってやわらかくなっているかで確認する。

つくり方6

6

自然に冷ましたのち、みりん、砂糖、醤油、山椒の実を入れ、蓋をし、圧力鍋にて更に10分ほど煮る。
もう一度自然に冷ましたのち、圧力鍋の蓋を開け、弱火にて煮汁を鮎にかけながら煮詰め、照りがでてきたら出来上がりです。
落花生(または大豆)もやわらかくなり、おいしくなります。

つくり方7

7

◎鮎の保存方法
タッパに鮎が浸たるように水を入れ、冷凍保存する 食用の際は流水で解凍してから使うとよいです。

こちらのレシピもおすすめ!

醸源誕生物語
おいしい料理レシピ