ホームおいしい漬物レシピ > たくあん漬け(沢庵漬け)

たくあん漬け(沢庵漬け)

10日程干した大根を糠に漬け込む昔ながらのたくあん漬けです。

たくあん漬け(沢庵漬け)

使用する醸源はこちら

たくあん漬用醸源
パリパリした食感を楽しめる昔ながらのたくあん漬け。

詳しくはこち 詳しくはこちら

諸材料(干大根25kg/約50本の場合)

食用期間 乾燥期間 食塩 米ぬか たくあん漬用醸源
12月〜1月 7日程 1kg 1.5kg 110g
2月〜3月 10日程 1.3kg 1.3kg 110g
4月〜5月 15日程 2kg 1kg 110g
6月以降 20日程 2.5kg 0.8kg 110g

 

つくり方1

1

たくあん漬用醸源をご利用ください。干大根の量に合わせ、上記表の諸材料の量を按分し、ご使用ください。

つくり方2

2

表の食用期間に応じて、大根を日当たりがよく、風通しのよい場所で乾燥する。

 

干大根をお求めの方はこちらへ

つくり方3

3

米ぬか・食塩・たくあん漬用醸源を規定量により、よくまぜ合わせ、ぬか塩を作る。

※色つけは、お好みによりご使用ください。
※ナスの乾燥葉(約50g)、赤唐辛子(約10g)を入ると風味よく一層おいしく漬かります。

つくり方4

4

容器の底にぬか塩を振る。

つくり方5

5

大根を隙間なく並べる。

つくり方6

6

ぬか塩を大根全体にまんべんなく振る。

つくり方7

7

⑥の状態の上にビニール等を敷き、足で押し固める。上部はぬか塩を多くするとよい。

※ビニールはその都度取り出してください。


つくり方8

8

⑤~⑦を繰り返し、最後に大根が見えなくなるくらい、十分にぬか塩を振る。

※最後の一段になったとき、周りにきれいな干し葉を並べる。

つくり方9

9

漬け終わったら、干し葉で全体を覆う。

つくり方10

10

押し蓋をし、大根の1.5~2倍の重石をする水が上がったら大根と同量の重石にし、風通しのよい日陰に置く。

●大根は、きれいに水洗いし、葉をつけたまま干し、漬け込みの時に干し葉を切り落としてください。

●たくあんを取り出すとき、取り出し口にはぬか塩や大根葉を詰め、たくあんになるべく空気が触れないよう平らにならしてください。

こちらのレシピもおすすめ!

醸源誕生物語
おいしい料理レシピ